星野 拓成 想像以上に幅広い業務を経験でき、日々手応えを感じている

少数精鋭で、若手にチャンスが豊富にある

規模の大きい仕事に携わりたいという気持ちが、学生時代からありました。特に石油・ガスは日本のエネルギー需要の6~7割を占める必要不可欠な資源であり、新エネルギーの台頭を考慮してもいまだなくてはならないものと言え、そこに大きな魅力を感じました。当社を選んだのは、少数精鋭で、若手にチャンスが豊富にあり、三菱商事のネットワークも含め世界中に活躍の場が用意されていると感じたことが決め手となりました。

入社後から現在にかけては主に西アフリカのアンゴラ事業を担当しており、予決算等国内経理業務、アンゴラ現地税務対応、事業費管理等の事業管理業務を行っています。想像以上に事業へ携わることができ、海外出張への機会もあります。若手ではありますが、入社前の予想に違わず幅広い業務を経験できており、日々手応えを感じています。

一般的な簿記の知識以外にも様々な専門知識が必要となる

石油・ガス開発事業における経理業務には、一般的な簿記の知識以外にも様々な専門知識が必要となります。当社の経理部には長年の知識・ノウハウの積み重ねがあり、石油開発会計の専門家として、関係各所に頼りにされる場面が多くあります。未熟な身ではありますが、担当事業に対する知識が深まるにつれて私の意見が必要とされることが徐々に増えてきており、責任感とともに大きなやりがいを感じています。

将来的には、経理部にて十分な専門知識を得た後は、石油・ガス開発ビジネスの最前線での事業運営業務を担当したいと考えています。専門的な経理知識と事業運営経験の双方を得て、その価値をもって10年後には海外駐在を経験し、当社になくてはならない存在となることが目標です。

1DAY SCHDULE
09:00出社後、メールチェック・業務スケジュール確認。
10:00アンゴラ現地の税務申告手続きを進める。
14:00数値作成・チェック後、上司へ確認を依頼。
その間に雑務の処理。
16:00事業費用の確認、送金手続きを進める。
19:00業務を終え、帰宅。