田中 宏明 石油開発の特性の一つは成功することの難しさ

メキシコ湾の油・ガス田開発のための評価を実施

三菱商事がメキシコ湾に権益を保有する油・ガス田を適切に開発するための貯留層評価及び隣接する保有鉱区のポテンシャル評価を実施しています。また、メキシコ湾やその他の地域において別の油・ガス田への新たな参入機会を見出すべく、ポテンシャルが高いと推察される鉱区のデータ評価等も実施しています。

私が赴任したヒューストンは、多くの石油開発系の会社がその拠点を構えており、米国だけでなく、アフリカや南米のプロジェクトまでがビジネスの対象となります。ここは、各分野のエキスパートがそれぞれの研究成果を競い、新たな手法、技術が生まれる場所でもあります。日本ではタイムリーに触れることのできない最先端の情報に即座に触れることができるとともに、新たなチャンスを作り出すという目的を持ってチームと議論できることは非常に有意義な経験です。

石油開発の仕事は忍耐の仕事でもある

私はいまだ誰にも知られることなく地下に数百万、数千万年眠り続ける石油やガスを発見する可能性を秘めた物理探査技術にロマンを感じ、物理探査技術者を志していましたが、当社にはこの分野の優秀な技術者が多く在籍していることを知り入社を決意しました。石油開発の仕事は忍耐の仕事でもあります。半年から1年かけて取り組んだ新規探鉱プロジェクトが、掘削の後に未発見に終わるということは決して珍しいことではありません。

私の場合、掘削の結果失敗に終わったという経験もありますが、それどころか長いスタディの末に投資をしない決断をして掘削に至る前に終了したケースもいくつかあります。石油開発の特性の一つとして成功することの難しさがあります。何故成功に至らなかったのか、そこには必ず理由がありますが、その理由にたどりつくことは簡単なことではありません。しかし、そこに次に活かせる成功の鍵があるはずであり、考えに考え抜く仕事の楽しさもあります。

1WEEK SCHDULE
MONチーム内でのプロジェクト進捗報告と
方針の打ち合わせ。
TUE方針に基づき行動、社内での解析作業。
WED既存プロジェクトに関して協業他社等との打ち合わせ。
THU新規プロジェクトのための情報収集。
FRI業務の総括と東京ヘッドオフィスへの報告。