小出 宇人 業務経験を積み重ねることがエンジニアスキルの向上に直結

世界を動かすエネルギーの大元にかかわるやりがいの大きな仕事

インドネシアやトリニダード・トバゴなど、世界各地で展開する油ガス田の生産量モニタリングを担当。生産現場から送付されるレポートを集計し、問題点を抽出し報告書を作成する仕事です。油ガスの生産量や操業状況を毎日チェックし、日々問題無く生産出来ているか、操業に問題が無いか等を確認します。生産減等があればその原因を特定し、必要に応じて現場に確認した上で業務委託元である三菱商事に報告をしています。

担当プロジェクトの可採埋蔵量評価も重要な仕事です。対象となる貯留層からどれくらいの期間で、どれだけ油やガスを生産出来るかを検証する仕事で、各分野のスペシャリストと協議しながら地質データや流体データ、坑井データを統合した地下の貯留層モデルを構築し、生産シミュレーションを実施します。
開発計画を検討し生産プロファイルを作成するだけでなく、予想される生産量を基にした経済性検討まで実施しプロジェクトの経済性向上を目指します。自分が分析したデータが、そのプロジェクトの今後を決める基礎的な数字になることの責任の重さを日々実感します。最終的には、各国の火力発電所やLNGプラントに供給され、世界を動かすエネルギーになっていくことに大きなやりがいを感じています。

プロジェクト価値向上に貢献出来るエンジニアを目指し

この仕事は私が学生時代からやりたかったことの一つ。それが実現出来たことを嬉しく思っています。元々、社会にエネルギーを供給する仕事に就きたかったのですが、中でもそもそものエネルギーの元となる油ガス開発や生産に携わることに意義があるのではと思っていました。またMCXは同業他社に比べて圧倒的な数のプロジェクトにかかわっていることを知り、様々な経験が積めるのではないかと思い、この会社を志望しました。

一つ一つの作業は地道で根気の要るものですが、それに真面目に取り組み、様々な技術者の先輩達と議論を重ねていくことでエンジニアとしてのスキル向上を実感する事が出来、それこそがこの仕事の魅力の一つだと感じています。
今後もプロジェクトの価値を向上させる業務を提案し、適切に実行出来るプロフェッショナルのエンジニアとして更に上を目指し、社会に貢献していきたいと思っています。

1DAY SCHDULE
09:00出社後、海外チームから送られるメールを確認。
09:30担当鉱区の評価作業を開始。
13:00打ち合わせに出席し、評価進捗を報告。評価内容について議論し、評価の方向性を修正。
14:30評価作業再開。
17:30エネルギー業界のニュースをチェック。
18:00帰宅。