小川 草平 地質の“スペシャリスト”でありながら“ゼネラリスト”としても活躍したい

様々な分野の知識を駆使して、プロジェクトの推進に貢献します。

現在、三菱商事が参画する油・ガス田の開発プロジェクト進捗モニタリング作業を主に担当しています。
この業務は、日々担当プロジェクトで起こる事象が対象であり、当事者意識を持ってプロジェクトに触れることができる業務です。続々と井戸を掘削している非在来型ガス開発プロジェクトや、長年生産を続け生産量の減退が始まっている大規模油田開発プロジェクト等、タイプ及びフェーズの異なるプロジェクトを担当している為、発生するトラブル・課題も多岐に渡ります。従って、適切に業務を遂行するためには、自身の専門である地質分野以外についても幅広い知識・経験が必須となる為、これまで以上に日々学習しなければならないことが多々あり、チャレンジングな業務である反面、日々の業務を経てプロジェクトについての理解が着々と深まっているとも感じています。

又、海外事務所の現地スタッフや、操業会社(オペレーター)から入手する情報を精査し、必要に応じた提言を通じて三菱商事のプロジェクト管理業務を直接支援することが我々の仕事です。それらの業務を通じて様々な人達と対話できる環境であることも今の仕事の魅力と感じ、プロジェクト推進に一層貢献できる様、日々業務に取り組んでいます。

ビッグプロジェクトの投資判断を決定づけるような重要な役割に

学生時代は地質学を専攻していたので、その知識を活かせる仕事に就きたいと考えていました。説明会でお聞きしたダイナミックな仕事に魅了され、探鉱から油ガスの生産終了に至るまで何十年もかかるビッグプロジェクトの投資判断を決定づけるような重要な役割を将来的に担いたいと思い、入社を決めました。
自分の知識を社会に還元したい。どうせやるなら大きくて、人の役に立つ仕事をやってみたいとも考えていました。もちろんその思いは、今も変わっていません。だからこそ、まずは軸足をしっかりさせる意味でも地質技術者としての技術的知見を蓄えた上で他分野の知識も吸収し、機会があれば海外の会社に出向し、海外の技術者達との議論を通じてプロジェクトに貢献できればと考えています。

地質のスペシャリストでありながらも一技術者としてプロジェクト全体を俯瞰できる人材になるという、目標を持っています。その為には、様々なプロジェクトに積極的に関わっていって、様々な分野の知識を深めつつ広げていきたいと思っています。

1DAY SCHDULE
09:30出社後、メールチェック。
10:00地下評価作業実施。
13:00部会に参加し、担当プロジェクトの進捗を部内で共有。
15:00地下評価作業の疑問点に付き、先輩社員に質問、相談を通じて今後の方針を再確認。
18:30業務を終え、帰宅。