社員紹介

技術系総合職 社員紹介

※配属先や担当事業は掲載当時のものとなります。

2010年新卒入社 物理探査

大学・大学院で地震学を専攻した後、2010年度に新卒で物理探査技術者として入社しました。2年目から新規プロジェクトを担当する部署に所属し、世界各地の新規案件のスクリーニングや新規鉱区参入のための技術評価、インドネシア・マレーシアにおける既存プロジェクトの技術評価を担当しました。3年目には天然ガス技術部に配属され、三菱商事の中核事業の一つであるLNG上流プロジェクトのうちブルネイ・インドネシア・マレーシアなど東南アジアの案件を主に担当しました。4年目からは新規石油ガス上流技術部に配属され、新規案件のスクリーニング、パプアニューギニアのプロジェクト、さらに3年目に担当した東南アジアの各案件を引き続き担当しています。主な業務内容は、鉱区内の地下の地質構造の解釈や埋蔵量評価を行う鉱区評価、操業パートナーから受領する掘削中の坑井の日報・デジタルデータ等の管理・評価、また海外で実施される技術会議への参加、新規案件取得のためのデータ閲覧などです。
仕事のやりがいは石油開発の事業規模の大きさ、世界中の企業と競争あるいは共同で仕事をできることだと感じています。石油・ガス開発事業は油ガス田を発見するための探鉱段階、油ガスを発見した後の評価段階、開発段階など様々なフェーズがあり、探鉱技術者、地質技術者、油層・掘削・施設エンジニア、コマーシャルの各分野の担当者が一体となってプロジェクトを推進しています。プロジェクトの期間が10年以上も続くものもあるため、すぐに達成感を味わえる事業ではないですが、国籍を問わず多分野の技術者たちと一緒に仕事をできることは魅力だと感じています。
MCX(*1)は親会社の三菱商事が権益を保有する石油・ガスの探鉱・開発・生産全般の推進・運営・管理を担っており、若手社員でも探鉱段階・開発段階において多数の案件に従事することができます。また、三菱商事の国内及び海外の拠点は200以上あり、各拠点から情報を収集できることも子会社であるMCXの大きな魅力です。
携わる案件が多い中、自身の未熟さのため、日々の忙しさに追われていますが、業務を効率よくこなすことで、自身の専門分野の理解の深化を最優先課題とし、地質学・石油工学など周辺分野への理解も深めたいと考えており、いずれはプロジェクトの重要な業務を担当できるよう日々自己研鑚に励みたいと考えております。
*1 当社の略称。(英語表記Mitsubishi Corporation Exploration Co., Ltd.)

2012年新卒入社 石油工学

大学・大学院では石油工学を専攻し、2012年に入社しました。E&P(石油・ガス開発)は環境や地政学的に大きな影響を与える事業であり、責任とやり甲斐を感じています。当社は、石油開発会社としては比較的規模の小さな会社であり、少人数で数多くのプロジェクトを担当しています。そのため、自身の専門である開発生産の他にも、地質・物理探査・施設など、E&P事業に関する技術全般の幅広い知識が必要となり、さらに収益性の向上など経営的な視点をもって仕事を進めることが必要になります。私は多くのことを学び、様々な経験を積みたいと考えておりますので、このように幅広い分野の知識や多角的な視点を持って仕事を進めることにとてもやり甲斐を感じています。
入社2年目の現在は、坑井の掘削状況や生産状況のモニタリングを行い、簡便的なシミュレーションモデルを用いての生産挙動のスタディを担当しています。E&P事業に必要な知識は非常に膨大であり、大学や入社後の新人研修で学んだ内容は、事業を運営するのに必要な専門知識のほんの一部です。分からないことが多く勉強の毎日ですが、上司や先輩に恵まれ丁寧に直接指導頂いており、日々新鮮な気持ちで仕事をしています。また、最近、海外で開催された「高圧高温下での仕上げ」をテーマとした社外セミナーに参加しました。これまでほとんど学んだことのない分野の内容でしたので、大変勉強になりました。セミナー参加者には経験豊富な海外の技術者が多く、彼らとのディスカッションの機会もあり、全てが刺激的な経験でした。今回のセミナーでは理解が未熟だったため他の技術者と満足のいくディスカッションができませんでしたが、今後は対等に渡り合えるようになりたいと考えています。

石油・天然ガスは液体として地中の大きなタンクに貯まっているのではなく、地下の岩石と岩石の非常に小さな隙間に存在しています。物理探査データや井戸を掘る際に取得する検層データから地下のどの辺りに石油・ガスが存在するのかを予測します。地下の限定的な情報を基に石油・ガスの存在を予測し、小さな井戸を掘り抜く作業は、例えるならば、ものすごく遠方から的を射るようなイメージです。石油・ガスを発見し生産までにこぎつけることは大変難しいことですが、地下深いどこかに、いつか発見されるであろう石油・ガスが存在しているのだと思うとワクワクします。スタディにおいて各専門分野の技術者と連携して石油やガスの存在を予想するのもこの仕事の面白さであると感じます。現在、私が担当する業務は石油開発事業全体から見ればごく一部ですが、いつか自分が携わった案件で石油やガスが生産され、事業化されるかもしれないと思うと今から楽しみです。

2012年新卒入社 地質

学生時代は火山地質・火山岩岩石学を専攻していました。就職活動は「学生時代に得た専門知識を活かせるグローバルに活躍できる仕事」という点を軸に活動し、会社説明会に参加したことをきっかけに、2012年に入社しました。
私は現在、インドネシア・マレーシアにおける既存LNG(液化天然ガス)上流開発プロジェクトを担当しております。主な業務は、鉱区内の有望構造の原始埋蔵量評価作業をはじめとする地質評価、オペレーターから受領する掘削中の坑井の日報・デジタルデータの管理です。地質評価業務のみならず坑井管理業務も担当するため、石油工学などの周辺分野への理解を深める機会も豊富にあり、様々な経験を積むことが出来ます。データには英語で表記されているものもあり、掘削技術の専門用語・掘削分野独特の略語が理解できず日報の作成が遅れてしまうこともありましたが、今では現場の掘削状況を的確に判断しオフィスと現場を繋いでいると実感でき、やりがいを感じています。

また「職場の風通しの良さ」は、入社して感じた大きな魅力の一つです。地質データの解釈や業務の進め方、後輩の指導など、様々な疑問や壁に突き当たる事がありましたが、所属部署の上司・先輩だけでなく、部署という垣根を越えて、アドバイスを受けることができます。また現場経験が豊富な社員も多く在籍しており、技術会議での議論を通じて深い知識を共有することもできます。定期的に社長との懇談会も開かれており、新入社員を含めた若手職員の思いや不安を直接お話しする機会もあります。

火山学という、石油開発業界としては異質なバックグラウンドを持ちながら入社したため、時には苦労を感じることもありますが、モチベーションを落とさず、何事にも謙虚に自ら学ぶ姿勢を継続することが目標です。
石油開発というダイナミック且つグローバルな職場でともに働いてみませんか?

2013年新卒入社 石油工学

大学・大学院では「岩石力学」を専攻し、石油開発とは異なる分野の勉強をしていましたが、様々な分野の専門家が協力して、直接目で見ることのできない地下深くから生活の基盤となるエネルギー資源の開発を行う石油開発業界に興味を持ち、2013年に入社しました。

入社後には、本邦石油開発業界全体での技術系研修や先輩社員の指導の下で行うOJT(on the job training)を通して、石油開発の業務で必要となる基礎的な技術や知識を学び、現在も日々の業務や研修への参加によって知識の習得に励んでいます。入社2年目の現在は、主にアフリカ地域を担当し、生産量や操業状況のモニタリング、坑井掘削管理、油層評価作業などの業務を行っています。当社では長年西アフリカのガボン・アンゴラでの石油開発事業を推進しており、多くの社員がアフリカの事業に携わった経験を持つため、業務中に課題が生じた場合には所属部署に関わらず先輩・上司から助言を受けながら業務に取り組んでいます。特にアンゴラ事業では、新規開発油田の油層シミュレーションや既存生産油田の長期生産量予測など今後の投資決定や事業計画策定に係る油層評価作業に従事しており、責任感を持って業務を行っています。

当社の特色は親会社の三菱商事が権益を保有する石油・ガスの探鉱・開発・生産全般の推進・運営・管理を担う、比較的企業規模の小さい商社系石油開発会社であることだと思います。その為、地質・物理探査・施設などの他、技術系分野だけでなく収益の向上等の為の非技術的な知識・視点が必要であり、自身の専門分野だけではなく石油開発という事業全体に対する知識を深めながら業務に携われることが魅力だと考えています。また、少数の集団である為に若手社員でも主体的に技術評価作業に取り組むことができ、技術会議への参加などの海外出張の機会が多いことも当社の魅力であり、入社前にイメージしていた以上の石油開発の難しさと面白さを実感しながら日々の会社生活を送っています。

まだまだ未熟であり、先輩や上司から助言を受けながら日々の業務に努める毎日ですが、石油工学を軸として多くの経験を積み、いずれは事業の重要な役割を担える技術者になれるよう努力を続けています。

2012年新卒入社 地質

学生時代は実験岩石学を専攻し、地震素過程(地震発生メカニズムの解明)の研究を行っていました。2012年4月に新卒で地質技術者として入社し、入社2年目より米州・豪州石油ガス上流技術部に配属となり、米国やオーストラリアの油ガス事業、カナダシェール事業や新規探鉱案件プロジェクトの技術評価を担当しています。具体的には、現在掘削中の井戸のモニタリング作業、対象油田の埋蔵量・生産量の予測・算出などです。こうした作業を通して、次の開発・生産計画を決定する材料となる技術評価を提供しています。

地下の岩石はスイスチーズのように100%岩石がみっちり詰まっているのではなく、多くの孔隙と呼ばれるスペースを持ちます。油・ガスはこの孔隙に貯まっており、私たち地質技術者は、この油ガスを貯めるスペースがどの程度存在するか、油の占める割合はどのくらいか、生産するに十分な油ガスが存在するか、そもそも油が貯まる構造が存在しているのか、油はこの構造まで移動・集積することが可能か、といった地下の情報を物理検層や地震波データにより評価します。私は、地下の構造を忠実に再現すべく、主にこのデータ解析・解釈を実施しています。

2014年度からは、新規案件の取得に向けたデータレビューや埋蔵量評価に携わっています。新規案件取得に際しては、当然、収益を見込むことのできる優良なプロジェクトを見極める必要があります。新規で購入・参入しようとしている案件に対して、先方が提示した価格が妥当か、評価に整合性があるかなどを十分に吟味し、優良案件のスクリーニングを実施しています。新規案件の評価作業は、対象地域や業界全体の動向、事業投資の規模感など、石油開発業界ならではの視点を得ることが出来、大変勉強になっています。

探鉱業務は、地球の地下の限定的な情報から油ガスを掘り当てる、というダイナミックかつ夢を追っているような、わくわくする仕事だと私は思っています。しかし取得データは限定的である為、常に評価には不確実性が伴い、その不確実性を意識しながら最善の評価をしなければなりません。その為、評価結果を裏付ける技術的根拠を提示するには必要な専門知識が多く、他分野の技術者とのコミュニケーションはもちろん、自身の強みとなる専門分野を確立する必要があると最近強く感じています。現在入社3年目ですが、出張に加え、国内・国外のトレーニングや地質巡検、学会等の参加を通して自身の知見と経験を蓄積すべく、勉強の日々です。

2009年キャリア入社

2012年より、北海油ガス田開発に特化した英国独立系石油開発会社へ貯留層エンジニアとして出向し、新たな切り口から老朽化油田を再評価し、独自戦略による事業価値創出・拡張のビジネスモデル構築に携わっています。
三菱商事が30%の権益を保有する油田群は、原油価格指標の一つであるブレント価格に由来するブレント油田に隣接しています。 事業対象となる油田群は、30年以上に亘り原油を生産し続け、既に生産後期を迎えている老朽化油田です。本来であれば近い将来廃鉱となる油田ですが、新たな事業価値を創出する事による再開発と生産継続は十分実行可能であると考えています。
将来的にはどの油田も生産後期を迎えるため、油田の老朽化は避けて通れない道です。それ故、世界各地に油田権益を保有する三菱商事エネルギー上流事業にとって、生産後期を迎えた老朽化油田の再開発に係る操業経験・知識の積増しは非常に重要で意義のある業務であり、将来を見据えた先行投資の側面も担っていると言えるでしょう。

担当業務領域は、短期的視野に立った貯留層のモニタリング・管理作業に加え、中長期的視野に立った既存油田の追加開発計画策定、既発見未開発鉱区の開発計画選定・策定等にも携わっており、貯留層エンジニアリング作業のみならず、一部生産エンジニアリング関連作業も含まれています。出向2年目からは、保有する油田群の1ブロックの油層管理・モニタリング作業を主体的に任され、日々の生産・圧力等データから操業パラメータ最適化を実行し、原油生産量の最大化を目指しています。特に、日々のデータから判断し操業パラメータを変更後、原油生産量増産へ貢献できたときには、知見・経験の積み上がりを実感すると共に、エンジニアとして達成感を感じます。一方、目論見通りの生産量が達成できなかったときには、日々の継続的研鑽の必要性を痛感します。

操業経験豊富な上司・同僚に恵まれ大変充実した環境の下、緊張感を持ちつつ日々一喜一憂しながら業務に従事しています。当社は、三菱商事エネルギー上流事業を担う中核企業として有望案件の獲得を積極的に推進し、事業拡大を図っています。また、本事業のようにユニークな切り口で油田開発を事業化し実行出来る柔軟な企業文化が確立されているところも、当社の魅力であると言えます。