トップメッセージ 代表取締役社長CEO 塩﨑 英輔

私たち三菱商事石油開発㈱は、1972年に三菱グループ企業27社の出資によって設立された「三菱石油開発㈱」を前身とします。2001年に三菱商事の100%子会社となり、社名を変更したところから新たな歴史を歩み始め、親会社の保有する海外の石油・天然ガスの探鉱・開発・生産事業やLNG(液化天然ガス)プロジェクト等において、技術・管理サポートを通じ重要な役割を担っています。

その活動地域は、アンゴラ、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、豪州、米国、カナダ等、世界中に跨っています。

当社は石油・天然ガスの探鉱・開発の専門家集団として、技術評価、経理、HSE(健康・安全・環境)など事業を支える様々な分野に対応する人材を擁しております。また、中長期のキャリア形成の観点から、各種研修や、各プロジェクトにおける海外駐在など、幅広い活躍の機会を提供することにより、多様性を持つ専門家の育成に努めています。

石油・天然ガス業界の経営環境は、世界のエネルギー需給やこれに伴う価格の変動に大きく左右されます。どのような環境下でも、石油・天然ガス開発における高度かつ多様な専門性を以て事業の推進に当たり、三菱商事グループのエネルギー資源事業の持続的発展に貢献し、豊かなエネルギー社会を実現するよう邁進して行きたいと思います。